「江東区」タグアーカイブ

隅田川の水上バス(東京都観光汽船(TOKYO CRUISE))【東京考察#357】

Tokyo Cruise(Sumida River water bus)


水上バスの船内から


日の出桟橋(乗船地)

浅草から日の出桟橋までの隅田川水上バスは,ツアーコースなどにも組み込まれており,一度は乗ったことがあるかもしれない.現在は,「東京都観光汽船(株)(TOKYO CRUISE)の隅田川ライン」と「(公財)東京都公園協会の東京水辺ライン」の2つが運航されているが,昔から馴染みがあって運航本数が多いのは,前者の東京都観光汽船の水上バスである.

浅草と日の出桟橋を約40分で結ぶが,浅草からの便のみ,途中,浜離宮に立ち寄るルートとなっている.お台場や高層ビルやマンション,築地市場跡地,そして技術的にも評価の高い隅田川にかかる橋梁を眺めるなど,普段とは違った視点で東京を眺めてみるのも面白い.

今回は,日の出桟橋から浅草まで乗船した.


日の出桟橋までは,ゆりかもめの「日の出駅」から歩いて行くと便利.駅のエレベータ内には,水上バス乗り場の案内が貼ってある.


シンフォニーと書かれた建物が最初に見えるので,ここが水上バスのりばかと思ってしまうが,こちらはクルーズ船「シンフォニー」の乗船ターミナル.水上バスはさらに奥(左手側)となる.


ターミナル前には大型バスが待機できる駐車場がある.ツアーでは片道乗船として,バスを先回りして乗客を乗せる.


こちらが水上バスの乗船のりば.


中に入るとまずはCafe.奥に券売機と桟橋がある.


カフェのメニュー.チョロQのお土産も買った.


時刻表.浅草までの隅田川ラインの他に,お台場ライン,東京ビッグサイトラインなどがある.


チケット.大人780円.


パンフレット.


桟橋を歩いて乗船となる.今日の船は「竜馬」定員560人.


後部デッキ.天気が良いとガラスの仕切りを開けることができる.


2階船室


1階船室


1階船室の前に売店がある.アルコールも販売している.航行している途中で船内販売もある.


後ろのデッキからの眺め


他の水上バスとすれ違う.こちらは東京水辺ラインの船.


柳橋.神田川の合流点.


清洲橋.耐震補強工事をやっているため,全姿は見られず.足場の形が富士山のよう.


売店でカフェを注文すると,専用のカップで渡される.東京の名所がイラストで入っている.


東京スカイツリーが見えてきた.


吾妻橋の下側!


浅草に到着.水上バスターミナルは新しい建物になった.


浅草の水上バスのりば.浅草駅のすぐ近く.


浅草・隅田川ライン(降船地)

キッザニア東京(豊洲)【東京考察#345】

KidZania Tokyo(Toyosu)


キッザニア東京

キッザニア東京,子供の職業体験ができる施設として2006(平成18)年にオープンした商業施設である.開設から10年を経過するが,その人気は衰えることなく,休みの日になると多くの子供たちで賑わっている.単なる利益追求のテーマパークではなく,子供たちが様々な職業体験を行って,施設内だけで利用できるキッゾと呼ばれる仮想通貨を得ながら,小さな社会体験ができるところが良い.施設の入場予約をしていても,人気の高い職業体験は中に入ってから先着順に予約を取らなければならず(開場後にすぐに当日の枠が埋まってしまうパビリオンもある),朝早くから並んで入場待ちをする家族も多い.人気の高いパビリオンが何かといった情報は,数多くの情報がホームページに掲載されているのでご参考に.キッザニア東京は,ららぽーと豊洲内の3階にある.営業時間は第1部が9:00~15:00,第2部が16:00~21:00.仕事の種類は100種類ある.

地下鉄豊洲駅から歩くとららぽーと豊洲の建物が見えてくる.
朝早くの入場は,ここからしかビルの中に入れない.


すでに1階には長蛇の列が...

開場前であるが,1階にて整理券(入場カード)を受け取って
3階まで移動する.基本的にこの番号順で受付を行える.
(3階の列もこの番号順で並ぶよう指示がある)

ららぽーと豊洲の中はキッザニア目当ての人だけが歩いている.
オープン前なので閑散とした独特の雰囲気がある.

3階でも大行列.受付開始まで待つ.

ようやく受付カウンターまでやってきた.
受付を済ませた後,入場ゲートを通って中へ.

その前に,荷物は外にあるコインロッカーへ入れておく.
3階にもあるが,エスカレーターを上がった4階だと比較的空いていた.

館内マップやスケジュールカード,
キッゾが渡される.お正月だったのでお年玉がもらえた.

館内は一日中「夜」の設定.
非日常を味わうためだとか.

息子は消防士をやりたいということで早速体験中.
消防車に乗って,火事の現場に向かう.

火を消せ~.真剣な表情です.

消火後は点呼を行う.消防署に戻って終了.

各パビリオンには現在の申し込み可能な時間が表示される.

時間になるとダンスが披露される.
これも職業体験で子供たちが一生懸命演技している.

再入場も可能である.

レゴランド・ディスカバリー・センター東京【東京考察#344】

LEGOLAND Discovery center Tokyo

 
お台場の東京デックスビーチの中にある
(アイランドモール3階)

レゴランド・ディスカバリー・センター東京は,レゴブロックなどを用いて遊べる屋内体験型の施設となっている.対象年齢は3歳から10歳の子供が遊べるようアトラクションがつくられているとか.入場料1名2400円(当日券)で子供は3歳以上でチケットが必要となるため,パパ+ママ+子供2人の場合,9600円となってしまう.内容に比べて料金設定はちょっと高いと思うのは自分だけだろうか.9600円分のレゴブロックがもらえるのなら嬉しい限りであるが.東京では唯一の施設である.

チケット売り場

チケット購入まで並んでいる間にレゴブロックで遊ぶことができる.

キンギウダムクエストは車に乗って
大きな画面に出てくる敵を倒すゲーム.
みんなで点数を競い合うことができて面白い.

東京の名所がレゴブロックで造られている「ミニランド」
160万以上のレゴブロックが使われているとか.

カフェテリア.メニューもレゴブロックで造られている

3Dではなく4Dシネマ
動きがあるので「4D」となっているらしい.

遊び場もある

レゴレーサー:ビルド&テストゾーン
車のレゴを走らせるレーンがある

自分の好きな街を造ることができるゾーン

ペダルをこいで上にあがってくるくる回るアトラクション

レゴシティー・トレインワールド
電車の世界

ショップ
レゴブロックの量り売りもある.

ガンダムフロント東京(博物館)【東京考察#330】

GUNDAM FRONT TOKYO


ダイバーシティ7階の入口

 


 ガンダムフロント東京は,ガンダムをより身近に「体感」できるエンターテインメント空間として,2012(平成24)年4月にオープンした博物館である.館内は有料ゾーンと無料ゾーンに分かれており,有料ゾーンでは映像作品が見られる特設巨大ドームの「DOME-G」を始め,ストライクフリーガンダムやコアファイターの1/1模型,キャラクターフォトスポット,ガンプラファクトリーなどの体験ゾーンなどがある.無料ゾーンは1980年代から現在まで発売されたガンプラを1000体以上展示する「ガンプラTOKYO」,オフィシャルショップなどがあり,無料ゾーンだけでも十分に楽しむことができる.
有料ゾーンの入場料は当日券1200円(小中学生は1000円)となっているが,事前予約だと1000円(小中学生は800円)と割引となっており,セブンチケット(セブンイレブン)やチケットぴあなどで購入可能となっている.土日祝日は時間入場制となっている(今はそんなに激混みではないと思われる.朝一の10時に入りたいときなどは事前にチケットを購入しておくとスムーズに入れる).開館時間10:00~18:00.年中無休.お台場にあるダイバーシティ東京プラザ7階にある.
2017(平成29)年4月にガンダムフロント東京は閉館となり,同年8月19日にガンプラをメインとしたガンダムベース東京が再オープンする.

ダイバーシティ1階にある実物大ガンダムがお出迎え
「RG1/1 RX-78-2ガンダムVer.GFT」
12時,15時,17時には頭部などが動く演出がある.
そして,19時30分から21時30分まで30分間隔の計5回は,
壁面映像とともにライティング演出が行われる.

後ろから見るとこんな感じ.

足の下も通れる.
 
1階にはガンダムカフェもある.

ダイバーシティ7階の入場券売場.

有料ゾーン館内(フラッシュの撮影は禁止)

等身大のストライクフリーダムガンダムVer.GFT

キャラクターと並んで撮影ができるフォトスポット
 
はじめてのガンプラ組立体験会が1日3回開催される.
(整理券が配られて中の机で行われる)

ガンプラが出来るまでの解説が展示されている.

ガンプラの原料が手で触れる.

ここから無料ゾーン.
オフィシャルショップ.
見よ!このガンプラの陳列を.

ガンプラだけではなく,服なども売っている.

ガンプラ進化の系譜

ガンプラTOKYOでは,
これまでのガンプラ1000体以上が展示されている
 
こんな感じ.

ガンダムVISAカード,ザクVISAカードまである!
 
入場券と
無料で配られたガンダムヘッドパーツクリアカラーバージョン

ヴィーナスフォート(パレットタウン)【東京考察#327】

Venusfort (Palette-town)


ヴィーナスフォートの入口

 


 ヴィーナスフォートは,お台場のパレットタウンのある大型ショッピングモールである.女性のためのショッピングモールとして誕生しており,内装はヨーロッパの街並みを幻想的に再現しており,約160店舗が営業している.階ごとにテーマが絞られており,1階は「ヴィーナス・ファミリー」として家族向け,2階は「ヴィーナス・グランド」,3階は「ヴィーナス・アウトレット」としている.中世のヨーロッパが再現されているのは2階と3階である.

中世のヨーロッパが再現されている.

教会前広場

噴水

なんか幻想的
 
一方で閉店しているテナントもちらほら.

1階はファミリー向け店舗
 
1階は2・3階とは趣を異にする.

クラシックカーが展示されている

MEGA WEB~トヨタシティショーケース(パレットタウン)【東京考察#326】

MEGA WEB ~TOYOTA City showcase (Palette-town)


メガウェブ トヨタシティーショーケース


 メガウェブは,見て,乗って,感じる車のテーマパークとして,お台場パレットタウンに併設されて開設されているトヨタのショールームである.「ヒストリーガレージ」「ショーケース」「ライドスタジオ」の3つの施設からなっており,車のことが楽しめる展示場である.土日にはさまざまなイベントが開催されているので,家族連れでも楽しめる施設である.
 
さまざまな車が展示されている.
 
ウィングレットの試乗会をやっていた.

ゲームもできる.

子供に人気のゴーカート.

立体駐車場? 展示のひとつ.

NEW VOXY

試乗体験もできる.

 

テレコムセンター展望台(青海)【東京考察#325】

Telecom Center Observation deck (Aomi)


テレコムセンター展望台

 


 テレコムセンターは,東京都などが出資した第3セクター法人である株式会社東京テレポートセンターが所有するビルであり,その地上21階に臨海副都心を一望できる展望台が設けられている.東京みなと館があるフロンティアビルとは,ゆりかもめ・テレコムセンター駅を挟んで反対側に位置しており,人気の少ない穴場な展望台として注目される.かつては入場無料であったが,現在は大人500円,小中学生300円となっており,展望台をパーティー会場として利用することも可能.平日は15時~21時まで,土日祝は11時~21時まで営業.月曜休館.

テレコムセンター21階に展望台がある.

シースルーエレベータであがる.

入場料は大人500円.夜21時まで.

受付は20階で行う.ここで入場券を購入する.

ようこそ展望台へ.
人がいなくて,大変穴場な場所である.
  
展望台.人がいない.
 
青海コンテナ埠頭や,お台場の観覧車が眺められる.

夜に営業するレストランもある.
なお展望台全体をパーティー会場として利用することも可能.

そとの景色はこんな感じ.

東京みなと館(青海)【東京考察#324】

Tokyo Port Museum (Aomi)


東京みなと館にある展示模型


 東京みなと館は,東京港の歴史や役割,臨海副都心の現状と開発計画を広く紹介するため,東京都港湾局と一般財団法人東京都港湾振興協会が開設している展示館である.ゆりかもめ「テレコムセンター駅」の前にある青海フロンティアビル20階にあって,青海コンテナ埠頭や大井コンテナ埠頭などの東京港が一望できる.また,館内には椅子が設置してあるので,歩き疲れた体を休めるのにもちょうど良い.そして混雑していない!お台場・東京港の物流機能など,また違った一面を知るのに面白い展示館である.入場料大人200円,9:30~17:00開館,月曜と年末年始が休館日.

テレコムセンター駅を南側に出るとすぐに看板がある.

20階を降りるとチケット売り場と入口がある.

東京港のあゆみを知ることができる.

青海コンテナ埠頭(左),大井コンテナ埠頭(右奥)
手前に見える施設は,大江戸温泉物語.

青海コンテナ埠頭のガントリークレーン.
船へコンテナを積み卸しする機械.

館内には椅子が置かれているので,
東京港を眺めながら休憩するのもよい.

コンテナ埠頭の物流の動きが分かる模型.
 
お台場の再開発がわかる模型.
なんと,模型がせり上がって,
下水道などの地価共同溝システムが理解できる.
 
図書コーナーも設けられている.

旅行博(東京ビッグサイト)【東京考察#239】

Traveling expo ( Tokyo Big Sight )


旅行博の会場内


 9月の連休に,JATA(日本旅行業協会)国際観光会議・世界旅行博実行委員会の主催で開催されている博覧会が「旅行博」である.正式にはJATA世界旅行博という.金・土・日の3日間開催されているが,初日の金曜日は業界やプレス関係者のみの入場で,土曜日から一般者も入場できるようになっている.海外旅行のための情報を集めたイベントで,世界各国の旅に関する情報を知り,そして体験することができる.ステージでは各国の民族舞踊などのパフォーマンスも見ることができるので,1日いても飽きることはない.各国のブースではアンケートに答えると景品がもらえたりするので,帰りにはパンフレットとともに大きな袋を抱えて出ることになる.入場料は大人1200円.2007年の模様をお伝えする.
 
会場はお台場にある東京ビッグサイト西ホール
 
会場入口は成田国際空港を思わせる演出となっている
 
ヨーロッパやアメリカなど,各方面の国別にブースが分かれている
 
いろんな国の民族舞踊を披露している

パンフレットをどっさりもらってこれる

エスカレーターで4階の展示ホールへ

ステージではイベントが行われている

青色はもらえる紙バック
ここに各国のパンフレットを詰め込んでいく

景品でもらったJALワンワールド加盟を記念したエコバック

もらってきたパンフレットの山(一部)

 

豊洲埠頭(豊洲鉄鋼埠頭)【東京考察#151】

The Toyosu steel wharf


豊洲埠頭


 区分地図を眺めていて前々から気になっている場所があった.晴海埠頭とお台場の間にある「豊洲埠頭」と書かれている場所(豊洲6丁目)で,ここだけ道路も無機質に中途半端に引かれていて,東京鉄鋼埠頭と東京ガスと東京電力火力発電所の3つの施設のみが記載されている未知の場所である.バスも地下鉄も走っていないので,交通手段は徒歩かタクシーしかない.どんなところか行ってみた.

豊洲駅からタクシーをひろい,「豊洲埠頭の行けるところまで行ってください」と頼んだ.タクシーの運転手さんもあまり豊洲埠頭には詳しくないらしく,とりあえず行ってみるからといった返事だった.道路の歩道には草がぼうぼうと生えており,綺麗に管理されているとは言えない道路を走っていった.周りには高い建物が建っておらず,殺伐とした空間が広がっている.お台場の開発前もこのような感じだったのだろう.左手には今現在有明が終点となっている「ゆりかもめ」の豊洲までの延伸工事が行われており,新駅も建設されるようで,このあたり一帯を区画整理して新たな街を造っていく計画があるようである.
ガスの科学館への入り口となる東京ガス門前で道路は終わりとなっていたので,ここでタクシーを降りた.ガスの科学館は予約制の科学館なので,事前に連絡を入れていないと立ち入ることができない.そもそも一般の人が気軽に訪れるような場所に造られていない.バスもなにも走っていないのだ.
周囲を歩いていると,新交通システムゆりかもめの工事や土地の造成工事,晴海埠頭と結ぶ橋梁の架設工事を行っていた.将来の街開きに向けて整備が進められているようである.現在は使用されていない東京鉄鋼埠頭の大きな建物が,解体の日を待ち続けていた.もぬけの殻となっている事務所や売店跡もあって,ひとけも全くないことからまさに「廃墟」といった空間である.すぐとなりは賑やかな「お台場」があり,また反対側には世界各国の豪華客船が停泊する「晴海埠頭」がある中,この「豊洲埠頭」だけは異様な光景が広がっている.
もともと豊洲埠頭は,鉄鋼資材等を積み上げるための大型船舶が停泊できる埠頭が整備されており,東京ガスの豊洲工場や東京電力の火力発電所が建っている工場地域であった.近年の臨海部の再開発によって鉄鋼埠頭の機能や工場などは郊外に移転し,その跡地を再開発しているのである.臨海部(豊洲)土地区画整理事業が進行しており,住居・商業・業務・文化が複合した街づくりの実現に向けて事業が進んでいる.さらに,埠頭の先端部には東京の台所として有名な築地に存在している魚市場の移転先として「豊洲市場」の建設が決定されている(平成24年移転予定).


新交通システム・ゆりかもめの工事が行われている


平成17年度に豊洲-有明間が開業する予定


東京ガス豊洲工場(ガスの科学館)入口
休日なのに「本日休館日」の看板が掲げられていた.
なお,ガスの科学館は,豊洲埠頭の豊洲駅寄りに移転される予定.
ここから先へは行くことができない.豊洲埠頭はここで行き止まり.
将来は築地市場の移転先としての「豊洲市場」が建設される予定.


歩道には草が生えている.
背後の丸い建物は東電火力発電所の跡地に建てている建物


東京鉄鋼埠頭(株)の建物 もうじき取り壊される

 
かつての売店跡と事務所跡

 
広大な更地が広がる豊洲埠頭 まもなく再開発されるのか?


晴海埠頭と結ばれる橋


平成18年3月に豊洲まで開業した「ゆりかもめ」から見た豊洲埠頭


これから街の開発が行われる


ゆりかもめの車窓から


今は,何もない