めんそーれ 沖縄
マチグワー 首里城 R58 1 R58 2 平和祈念公園 ブレイク
Page 6/7
Top国内の旅めんそーれ沖縄>平和祈念公園 Copyright (C) 2002,1
サイト内検索

平和祈念公園


かつて琉球の先人は
平和をこよなく愛する民として
海を渡り
アジア諸国と交易を結んだ
海は
豊かな生命の源として
平和と友好の掛け橋として
いまなお
人々の心に息づいている

(沖縄県平和祈念資料館プロローグより)

太平洋と東シナ海の波間につらなる沖縄の島々・・・
海は
人々のくらしにさまざまな恵みをもたらしました
生活のかてを 富を そして文化を・・・
しかし この清ら島(ちゅらじま) 沖縄に
やがて 暗雲が たれこめ
鉄の暴風が・・・

(沖縄県平和祈念資料館プロローグより)

20数万人の命を奪った沖縄戦
日本における唯一の地上戦であり,
太平洋戦争で最大規模の戦闘であった.

そんな歴史を伝えるのが
平和祈念資料館である.

2000年に新しくリニューアルし,
よりわかりやすく沖縄の歴史を伝えている.
実物の砲弾
平和の礎

沖縄戦で亡くなった全ての人々の
氏名を刻んである祈念碑

太平洋戦争沖縄戦終結50周年を
記念して建設された.

 平和祈念公園の式典広場でキャッチボールをする親子.
 このような平和な光景がつづいているのが今の沖縄である・・・

沖縄戦の実相にふれるたびに
戦争というものは
これほど残忍で これほど汚辱にまみれたものはない
と思うのです

この なまなましい体験の前では
いかなる人でも
戦争を肯定し美化することは できないはずです

戦争をおこすのは たしかに 人間です
しかし それ以上に
戦争を許さない努力のできるのも
私たち 人間 ではないでしょうか

戦争このかた 私たちは
あらゆる戦争を憎み
平和な島を建設せねば と思いつづけてきました

これが
あまりにも大きすぎた代償を払って得た
ゆずることのできない
私たちの信条なのです

(平和祈念資料館 展示むすびのことば より)
サンゴ礁や白いビーチもいいけれど,
沖縄に来たら,時代に翻弄されてきた歴史を
振り返らなければなりません.
是非,この平和祈念資料館に立ち寄って,
「平和の礎」の上に,青く広がる穏やかな空,
そして,果てしなく広がる青い海を眺めてください・・・




トップ マチグワー(牧志市場) 首里城 ルート58(国道58号) 平和祈念公園 ちょっと
ブレイク
北谷→コザ(沖縄市)→嘉手納 残波岬→琉球村→万座毛