めんそーれ 沖縄
マチグワー 首里城 R58 1 R58 2 平和祈念公園 ブレイク
Page 7/7
Top国内の旅めんそーれ沖縄>ブレイク Copyright (C) 2002,1
サイト内検索

ちょっとブレイク
(閑話休題)


ちょっとした風景を集めてみた.沖縄の一面を.


米軍の車はナンバープレートが違う.
 「Y」ナンバーの車.
 「いろは・・」の欄が「Y」になっている.
 これは,米軍関係者の使用する車であることを示しているが,この制度は沖縄特有のことではなく,米軍基地の周辺ではよく見られるナンバーである.横浜で始まったことから「Y」となっている。ちなみに,アメリカからきた車には「E」がついている。
 相手が米軍関係者の場合、事故にあっても保障が受けられないことなどがあったり,「車庫証明」が不要ということがあったり,不平等であるとの声があがっている.
 「Y」ナンバーについては,日米特別行動委員会において廃止が合意されているという。
 沖縄の公共交通機関は「バス」である.
電車は走っていないが,現在モノレールが建設されており,平成15年には,空港〜首里の間を結ぶ.
 そんな沖縄のバスには各社共通の系統番号が付けられている.その路線マップは,走行する路線の上に系統番号を書いて示すものとなっていて,最初は見づらいが慣れると合理的な路線図であることに気づく.諸外国ではこの方式の路線図の方が主流である.日本では1本1本路線ごとに色を決めて線を書く路線図が主流である.
 国際通りは沖縄一賑やかなストリートである.昼夜を問わず「呼び込み」が激しい.
観光客とみると,すかさず声を掛けてくる.
日本でもこんな都市があったのか,と驚き.
沖縄が観光立県であることを物語っている.
夜の国際通り.
沖縄の夜は20時頃からである.
というのも,沖縄人は一旦家に帰ってから
飲みにでかける.
ライブハウスなどの開店時間は20時から.
ファーストステージは21時から・・・
夜が長い沖縄である.
 ホテルのテレビチャンネル6chに「米軍放送 AFRTS」とあり,米軍の放送が流れていた.東京のAMラジオに「FEN」(810KHZ)というのがあるが,あれのTV版なのだろうか.

 「バス停にお客様がいらっしゃる場合は必ず停車して行き先をアナウンス致します(手を挙げて合図する必要はありません)」
と黄色いシールが貼ってある.
 ガイドブックなどには,「沖縄では手を挙げないとバスが止まらない」と書いてあるので,乗客が手を挙げることは昔からの習慣なのだろうと思う.諸外国では手を挙げないと止まってくれないところが多く,沖縄では現在でも手を挙げてバスに乗る人は多いが,観光客等から苦情がきたのだろうか,必ず止まるようにしている.
 しかし,手を挙げないと止まらないで走ってしまうバスもあるようで・・・.沖縄らしい一面である.
コザの市場の中にある裁縫屋
開放的でアジアチックな雰囲気が
沢山残っているのも沖縄.
かつての日本を見ているようだ.
沖縄自動車道のサービスエリア
駐車場には屋根がついている.
日差しが強い沖縄ならでわである.
沖縄の高速道路では最高時速80km.
スピードを出す車は少なく,
左側車線では80kmで走っている.
追い越し車線でも100km程度.
ばんばん抜かしていくのは「わ」ナンバーばかり・・・.警察の取り締まりが厳しいのかもしれない.
国際通りの電柱に貼ってあった張り紙.

すごい求人広告である!
米軍関係者が事故を起こすと,
迷彩服を着た米軍の警察もやってきて
事故処理をするらしい.

それとも米軍関係者のみの検問を
やっていたのか?

とにかく,迷彩服をきた人と
アメリカのパトカーが止まっていた.


トップ マチグワー(牧志市場) 首里城 ルート58(国道58号) 平和祈念公園 ちょっと
ブレイク
北谷→コザ(沖縄市)→嘉手納 残波岬→琉球村→万座毛