島紀行 Page -/-
Top > 国内の旅 > 島紀行 > 八丈島 Copyright (C)
サイト内検索

八 丈 島 (はちじょうじま) 




 八丈島は伊豆諸島の最南端に位置し,東京から南へ287km,黒潮に浮かぶ亜熱帯性の植物が茂る島である.面積68.52km2,人口約9300人であり,三根・大賀郷,樫立,中之郷,末吉の5つの集落に分かれている.
 八丈島の歴史を考えるにあたっては,江戸時代における流人の歴史が大きなエポックとなる.江戸幕府はこの島に1862人の罪人を島流しにしたが,これらの流人や土着の人々によって造られた風俗,習慣,生活様式が島内で見ることができる.八丈島の歴史を知るには,「八丈島歴史民俗資料館」に行くと,流人のことも含めて展示がしてある.
 羽田空港からジェット機で45分という近さで,亜熱帯を味わうことができる島が八丈島である.
八丈富士(西山)

八丈島には2つの山があるが,こちらは山の姿が美しい八丈富士である.標高854.3mで1時間程度で頂上まで登ることができる.
登山道には火山による噴石がごろごろしている.
頂上付近からの絶景
なんと,斜面の植裁が「アロエ」
アロエは自生している
玉石垣の道
ハイビスカスの花
名産「明日葉(あしたば)」のソフトクリーム
「あしたば」のおひたし
島寿司

白身魚のネタを醤油ダレにつけ込んで,握ったもの.わさびではなくカラシを入れる.
でたーーー!
これが「くさや」である.

バキバキと折って食べるのであるが,結構焼酎には合う.
「あの独特の匂い」とガイドブックなどでは表現されることが多いが,具体的には,
「へその中のゴマの香り」
「汲み取りトイレの便器の匂い」
といったところか!!
八丈島空港
南原千畳岩海岸からの日の入り
八丈小島

かつては人が住んでいた
旅行年月 2004年11月

   島紀行のトップへ戻る