根・標・釧 〜道東の冬 Page 4/4
Top > 国内の旅 > 道東の旅 > 釧路 Copyright (C) 2002,2
サイト内検索



〜摩周湖〜摩周湖〜摩周湖〜摩周湖〜摩周湖〜

冬の摩周湖.本来なら氷が張っているのであるが,今年は暖かくて凍っていない.
といっても風は冷たく,ほっぺたが痛い!!

摩周湖からみた弟子屈の街
釧路に向かう途中,
美しい風景に出会った.
北海道のアパート.
煙突の形など,内地とはちょっと違う感じ.
アパート Part.2

〜鶴居村〜鶴居村〜鶴居村〜鶴居村〜鶴居村〜

鶴居村は,釧路湿原の北に位置し,
その村名からも伺えるとおり,
丹頂鶴の生息するところである.

丹頂鶴は一時絶滅の危機に瀕したが,
保護活動が実り,いまでは600羽程度の
鶴が観測されている.
丹頂鶴は,飛ぶ姿がとても優雅なため,
全国各地から「鶴」を求めて,
カメラマンが訪れている.

何十万もする超望遠レンズを鶴に向け,
シャッターチャンスをねらっている.

池中玄太の世界!(懐かしい)
夕方になると,丹頂はねぐらに戻ってくる.

川の真ん中に鶴がいる.

(音羽橋より撮影)
「この道路での撮影は除雪作業の邪魔になるので駐車はご遠慮ください」

鶴の保護のため,撮影できる場所は限られている.その限りある撮影地を求めて,アマチュアカメラマンは移動し,飛んでくる鶴の姿を待ちかまえている.

マイナス10度.バッテリーはすぐになくなってしまうので注意が必要である.
夕方になると餌場から寝ぐらに帰るため,
鶴たちが飛び立っていく.

鶴は「生き物」である.

その日によって,飛行ルートが異なっている.
待っていたところの上空をうまく飛んでいってくれれば「大当たり」.遠くに飛んでいってしまったときは「はずれ」.
「今日はだめだった〜.」
鶴の撮影には,ばくち的な要素があり,
うまい構図を撮ろうとして,結構はまっていくものである.
やっと撮った1枚.

「いまいち」の出来だが,
うまい構図を捕らえようとして,
鶴の虜になっていく・・・.

このあとバッテリーが切れた!
足は寒いし,顔はひりひりする.
日が沈む鶴居村の風景.

この上空を,つがいの丹頂鶴が飛んでいく.