根・標・釧 〜道東の冬 Page 2/4
Top > 国内の旅 > 道東の旅 > 根室 Copyright (C) 2002,2
サイト内検索



釧路から最東端を目指して,国道44号を走っていった.

〜厚岸〜厚岸〜厚岸〜厚岸〜厚岸〜
厚岸味覚ターミナル・コンキリエ

 厚岸(あっけし)の街と厚岸湖・厚岸湖・厚岸大橋が望めるセンター.ここには名産の「カキ」を主体とする地場産品の販売等を行っており,2階のレストランではカキ料理が味わえる.
 コンキリエとはイタリア語で貝の形をした食べ物という意だそうで,建物の外観もカキをイメージしたものとなっている.
 本来なら全て凍っているらしいが,気温が高い影響で半分しか氷が張っていない厚岸湖.
コンキリレストランにて

とろろ昆布の上にカキの唐揚げ
そしていくらがのっかっている.
生オイスターは欠かせない
北方領土のパンフレット

〜霧多布〜霧多布〜霧多布〜霧多布〜霧多布〜


琵琶瀬展望台からの霧多布湿原

霧多布湿原は国内3番目に大きな湿原で,3,168haの広さがある.夏は花が咲き乱れ,美しい湿原が広がっているのだが,冬の湿原もまんざらすてたものではない.白いパウダーの中に琵琶瀬川が蛇行して流れ,空気は冷たいが景色は暖かみの感じる白い世界が広がっている.
霧多布湿原の中をはしる道路

〜厚床〜厚床〜厚床〜厚床〜厚床〜


広大な根釧台地が車窓に広がる.
この景色を見なければ,
北海道に来たとは言えない.

荒涼としたこの景色こそが
”北海道”なのである.
 道路脇に建っている矢印(↓)は,路肩の位置を表示するデリネーターである.積雪と吹雪の多い北海道では,吹き溜まりなどで埋もれないように上から矢印で路肩を示しているのであるが,景観的にはどうなのかと疑問も残る.
 夜になると,赤くチカチカ点滅するものもあり,さながら赤い蛍が飛んでいるような気分になる.

〜温根沼〜温根沼〜温根沼〜温根沼〜温根沼〜


風蓮湖

春国岱(しゅんくにたい)の長大な砂州によってオホーツク湾と区切られている汽水湖.海水が混じっている.
北海道のちょっとしたイベント会場には
必ず氷や雪で作った「滑り台」がある

これも冬の北海道
 氷を滑るときは,お尻に農協などで手に入れる肥料のビニール袋を敷いてすべる.このビニールだと抵抗が少なく,かつ破れにくいのでちょうど良いのであろう.
「ナクルロード」380円

 ”しばれる”北海道の道路はテカテカに凍っている.道路には塩化系の凍結防止剤がまかれているが,それを道の駅「スワン44ねむろ」で販売している.ジュースと一緒に凍結防止剤が並べられているが,この凍結防止剤,買ったはいいがドライバーはどこに使えばよいのだろう.

〜根室〜根室〜根室〜根室〜根室〜


  根室市街の標識には,
「ロシア語」も併記されている.

英語の下にロシア語があり,
青い道路標識の看板にも併記されている.

ロシアへの親しみを込めた交流の現れか.

福岡や対馬ではハングル語の表記が見られるのと同じ.
こちらは全てロシア語の地図
これが噂の「エスカロップ」

根室の喫茶店ではごく普通のメニュー.

バターライスの上にデミグラスソースのかかったカツがのっているもので,ソースはハヤシライスに似ているものであった.

横浜から移り住んだ料理人が根室で若い女性向けにメニューを作ったのが始まりだとか.語源はイタリア語を変形させたもの.詳しくはこちらへ.

〜納沙布岬〜納沙布岬〜納沙布岬〜納沙布岬〜納沙布岬〜


 北海道の道路沿いには,交通安全を示す黄色い旗をよく見かける.寒風に吹きさらされながら,バタバタと交通安全を訴えている.
 遠くに見える白い塔は展望台.
北方領土の早期返還を願った
モニュメント「四島のかけはし」
納沙布岬
不毛の根釧原野が広がる
  

最果て紀行 東編