SL大樹の走る鬼怒川へ
Page 1/3
Top > 国内の旅 > SL大樹・鬼怒川へ > 1 Copyright (C) 2017
サイト内検索
 



東北道から鬼怒川へ
下今市駅から普通列車に乗って
SL故障で
ディーゼル機関車(DL)が代走
次の日はSL復活!
鬼怒川温泉駅前でSLショー

     
 東武鉄道にSLが復活した.2017(平成29)年8月10日より下今市駅〜鬼怒川温泉駅間において土休日を中心に1日3往復運転している.その名は「大樹」.
 蒸気機関車はJR北海道から貸与しているC11形207号機,客車はJR四国から譲渡されたブルーの14系客車,信号設備をつけるために車掌車を連結し,最後尾に上り勾配の補助機関車として赤色のディーゼル機関車DE10をつけた編成となっている.
 子供とともに楽しみにしていたSL乗車であったが,なんと当日はSL故障によりDE10による代行運転に! 紅葉の始まったSLの走る鬼怒川・日光への旅行記です.

             
 
旅行年月:2017年11月

 福島県郡山市から鬼怒川へどのように行くか,東北方面から鬼怒川へ行くには直通のアクセスルートがないので,ちょっと考えなければならない.
 まず,公共交通を利用していく場合.郡山駅からJR磐越西線で会津若松まで行き,会津鉄道と野岩鉄道に乗って鬼怒川に行くルートと,東北新幹線で宇都宮駅まで行き,JR日光線で日光・鬼怒川に向かう2つの行き方がある.会津若松ルートは値段は安いが時間がかかる.一方,東北新幹線ルートは時間は早いけどお金がかかる.さらに,鬼怒川・日光を周遊観光するのに,紅葉シーズンで渋滞が予想されており,混雑して動かない路線バスで移動するよりも,動かなくてもマイカーで移動できる方がよいかと考え,鬼怒川までは車で行き,SLに乗るときだけ駅前の駐車場に止めることにした.
 
 東北自動車道の矢板インターチェンジで降りて,新高徳に向かう県道を走って行くと鬼怒川への近道となる.途中に道の駅「塩谷」があったので休憩.2012(平成24)年6月にオープンした道の駅で,湧水のわき出る「湧水の里」だとか. 
 
 道の駅には日光・鬼怒川方面の観光パンフレットがたくさん置いてある.自治体や観光施設が立派な地図や情報誌を作成していて,割引券も手に入れられるし,情報収集にはとても重宝する施設である.

SL大樹 時刻表 (2018(平成30)年01月現在)
 
 SLのチケット購入について.東武沿線に住んでいる方や働いている方は,事前のチケット購入(予約)がしやすいのであるが,遠くに住んでいる者にとっては,ちょっと不便なものとなっている.
 購入方法は4種類
 1:インターネット予約
 2:電話予約
 3:東武鉄道各駅での購入
 4:主要旅行代理店での購入

 インターネット予約と電話予約については,予約確定後1週間以内に東武鉄道各駅か東武トップツアーズの旅行代理店でチケットに引換える必要があり,東武鉄道が走っておらず,法人専用の東武トップツアーズの店舗しかない福島県内では,この方法では購入不可.
 そうすると主要旅行代理店で予約チケットを購入する方法しかない.そこで,近くの旅行代理店でSL指定券を購入することにした.

 乗車日の1ヶ月前から購入できるのであるが,1ヶ月前のお昼休みに大手旅行代理店のカウンターに行ったが,乗車希望としていたSL大樹3号(下今市13:00→13:36鬼怒川温泉)は既に満席となっていて,購入したのはSL大樹4号(鬼怒川温泉14:35→15:09下今市)であった.これも残席数10席程度とのことであったが,家族そろって希望する席をとることができたのでよかった.ちなみに,旅行代理店で私鉄の乗車券を手配すると,手数料として1,080円が追加でとられる.
 

 車をどっちの駅の駐車場に停めるか.つまり,鬼怒川温泉駅と下今市駅のどちらに停めるかである.これは当日の到着時間などの状況によって決めようと思っていた.
 鬼怒川温泉駅には,駅前の駐車場の他に,約70台が止められる駐車場(東武鉄道の関連会社運営)が駅の隣に設けられている.
 また,下今市駅には,約30台と少ないが無料でとめられる日光市営駐車場がある.

 まずは下今市駅の駐車場に行って,もし満車なら,鬼怒川温泉駅に向かって車を止めて,万一,鬼怒川温泉駅も満車だったら,鬼怒川温泉の今晩の宿泊施設に車を停めさせてもらうことにした.いずれ車の停めてある駅まで戻ってこなければならないため,最初に普通列車に乗ってSLに乗るか,SLに乗った後に普通列車で戻るかの違いになる.

下今市駅

転車台にはSL大樹が・・・


特急スペーシア
 
 下今市駅の市営駐車場(栃木銀行今市支店の隣)に向かったら,ラッキーなことに1台だけ空きがあった.無料なので人気があるらしい.ということで,下今市駅から鬼怒川温泉駅までは普通列車で移動して,その後にSL大樹に乗って,鬼怒川温泉駅から下今市駅まで戻ってくることにした.
 下今市駅は,SL運転にあわせて,レトロな駅舎に変更されていた.そして,下今市駅の改札口に到着したところで,1枚の張り紙が・・・・

 「SLは車両故障のためディーゼル機関車による運転とさせていただきます」

 これはとても衝撃的な張り紙である.子供も楽しみにしていたSLなのに.

 「該当列車のSL座席指定券につきましては、東武線各駅(押上・寄居・越生駅および駅員無配置駅は除く)またはお買い求めいただきました旅行代理店において無手数料にて払戻しをいたします。なお、ディーゼル機関車による列車にご乗車を希望される場合は、ご乗車後に無手数料にて払戻しいたします。」

 聞いたところ,ディーゼル機関車による運転の場合は,普通乗車券のみで乗車し,手数料なしでSL指定券分を払い戻ししてくれるという内容であった.(気持ち的には,ここまでの往復の費用と宿泊費も貰いたいところであるが,サービスの提供を受ければそこを払うのはいたしかたないか.)

 子供に聞いてみたら,ディーゼル機関車でも乗る!という返事.東武鉄道でディーゼル機関車の客車に乗れること自体も珍しいことなので,ディーゼル列車のDL大樹に乗ることにした.




 普通列車で鬼怒川温泉駅へ.下今市13:32発.
 東武鬼怒川線を走る普通列車は,今ではあまり見かけなくなった4人がけのクロスシートの車両で旅情をそそる.11月初めの紅葉シーズン3連休初日とあってか,浅草方面から乗り継いできた乗客(外国人観光客も多い感じであった)が大勢乗っていた.下今市駅で半数程度下車したので,日光駅に向かうため乗り換えているのだろう.

 そして,下今市駅から約20分,定刻どおり13:54に鬼怒川温泉駅に到着した.

⇒ 次ページ(SL故障でディーゼル機関車(DL)が代走)



東北道から鬼怒川へ
下今市駅から普通列車に乗って
SL故障で
ディーゼル機関車(DL)が代走
次の日はSL復活!
鬼怒川温泉駅前でSLショー


メール SNS アンケート