金沢・能登半島の旅 金沢編 能登半島編 Page 2/2
Top > 国内の旅 > 金沢・能登半島 > 能登半島編 Copyright (C) 2005,11
サイト内検索


〜能登半島編〜


能登半島は思ったよりも奥が深い.文化的にも奥深いが,地理的にも奥が深いのである.金沢から和倉温泉まで特急で1時間,最北端の珠洲市までだと約150kmもある.和倉温泉駅でレンタカーを借りて,能登半島をグルッと1周して戻ってきたが,それだけで1日を費やしてしまった.能登半島の旅は,余裕を持った行程を組みたい.
和倉温泉
 和倉温泉の歴史は古く,約1200年前に開湯したと言われている.前田利家が城を築いて港町として栄えてきた七尾市に位置している.泉質はナトリウム・カルシウム塩化物泉で,効用は多岐にわたる.飲用の効用としては,慢性消化器病,慢性便秘だという.うがいでは,慢性気管支炎,咽喉炎.
 写真は,和倉温泉の源泉が湧き出している弁天崎公園の飲泉所.
弁天崎公園にある第5号源泉.
ここで湧き出た温泉が,各旅館へ配湯されている.
これが噂の「加賀屋」.おもてなしの心を大切にする名旅館で,いつもNo.1にランクインされている.1泊3万円以上はする.いつかは泊まってみたいが今回は見送った.すでに予約で満員であった.
泊まった宿は,おだやかな七尾湾を一望できる展望や大露天風呂こそない旅館だったが,その分料理が大変においしく,源泉かけながしの温泉風呂で,大満足だった.
 ずわいがに,刺身,ふぐの唐揚げ,かきの茶碗蒸し,松茸の和え物,さばの塩焼き・・・.ごちそうさまでした.

和倉温泉 旅亭「はまなす」
インターネット楽天で予約可.
1泊2食付きで14,000円程度
輪島の朝市
朝8時〜12時まで行われている.もともとは,地元の漁師や海士さんが捕ったものをゴザなどを敷いて商店街の店先で売っていたもので,地元の住民のための朝市であった.その売上金で商店街の店で買い物をするといった経済循環が成り立っていた.近年の郊外型大型店舗の出現により,地元住民よりも観光客の方が多く目に付く朝市であるが,賑わいがあって活気がある.一時は警察からの道路使用許可の関係もあって歴史ある朝市が中断していたが,地元住民の熱意で復活した朝市でもある.
商店街の店舗前の公道で,店を広げて売りさばく.輪島朝市組合で道路使用許可を取っているという.
干物も売っている.上からぶら下がっている小さな長方形の紙が営業の許可証.
輪島といえば輪島塗.
白米の千枚田・曽々木海岸
日本海に面して,小さな階段状の棚田が続く千枚田.実際には2000枚くらいあるという.まんが日本昔話に出てきそうな風景である.関係ない話だが,この周辺は地滑りが激しい地帯だという.
能登半島北側の沿岸を走る.美しい海岸線と穏やかな日本海が広がる.ドライブには最高である.
曽々木海岸では,奇岩奇石が約2kmにわたって続いている.
曽々木海岸.
最北端の禄剛崎灯台も近い.
禄剛崎灯台(能登半島最北端)
灯台ふもとの店で食べた「さざえ丼」.このあたりではよく捕れるとか.地元の海士さんが捕ってくるらしい.コリコリしてボリューム満点だった.
能登半島最北端・禄剛崎灯台
青い穏やかな日本海が広がっていた.ロシア方面を眺める.
この禄剛崎灯台のある集落名は「狼煙」と書いて,「のろし」と読む.
恋路海岸
見附島のあたりから恋路海岸にかけては,えんむすビーチと呼ばれており,ハート型の幸せの鐘も設置されている.ロマンチックな海岸である.

和倉温泉駅に戻ってきたのは,夕方16時半頃であった.17時の特急で金沢へと向かった.能登半島は1日かかるドライブコースである.


金沢編へ


背景画像は,加賀前田家の家紋をデザインしたものです