東京考察 Page No.132
Top > 東京エリア > 東京考察 > No.132 Copyright (C) 2004,2
東京考察 サイト内検索

No.132  湯島聖堂
Yushima-Seido

【画像とコラムで紹介する東京案内です】


大成殿(孔子廟)

 湯島聖堂は,儒学に傾倒した5代将軍徳川綱吉が上野忍ヶ岡にあった孔子廟(先聖殿)を現在地に移して聖堂と称したものであり,儒教の教えを説いた孔子を祀っているところである.さらに,この地には孔子の生まれた地名をとって名付けられた「昌平坂学問所」が存在していた跡地であり,明治維新までの江戸時代において官立の大学として文教センターの役割を果たしたところでもある(道路を挟んで向かい側の東京医科歯科大学も昌平坂学問所の跡地).大成殿は土日のみ内部公開されている.都心における静寂な日本文化の空間として,外国人にも喜ばれる場所であろう.
 聖堂(大成殿)は過去に4回の大火にあって焼失しており,現在の大成殿は関東大震災で焼失したものを,1935年(昭和10年)に鉄筋コンクリート造りで再建したものであるが,入徳門だけは1704年に建てられたものがそのまま残っている.
 1922年(大正11年)に国の史跡に指定されている.


1704年に建てられた入徳門


孔子の銅像


絵馬には多くの合格祈願が書かれている


「合格」の文字


このシリーズは更新されていきます。次回をお楽しみに。

東京考察のトップへ