東京考察 Page No.270
Top > 東京エリア > 東京考察 > No.270 Copyright (C) 2008,12
東京考察 サイト内検索

No.270  東京タワーの特別展望台
The special observatory in Tokyo Tower

【画像とコラムで紹介する東京案内です】


美しき東京タワー

 東京タワーは2008年12月23日に開業50周年を迎えた.1958(昭和33)年の開業以来,自立鉄塔として世界一の高さ(333m)を誇っている.テレビなどの電波を発信する電波塔として役割を担ってきたが,2011(平成23)年に墨田区押上に東京スカイツリーが完成すると,その役割を譲ることになる(東京タワーの撤去は考えられていないのでご安心を).東京タワーは,時代遅れの観光地といったイメージがあって陳腐化していた感があった(東京タワーの足下にあるビルなんか昭和時代の匂いがプンプンと漂っていた)が,「ALWAYS三丁目の夕日」の映画などによって逆に昭和時代のノスタルジーが味わえる場所として脚光を浴びることとなり,また,お台場などの臨海副都心の開発が行われ,湾岸の風景も大きく変わったことで東京の景観にインパクトができたことなどによって,連休などには大展望台へ入場するのにも列ができるようになっている.

 そんな東京タワーには2つの展望台がある.150mの高さにある「大展望台」と,250mの高さにある「特別展望台」である.
 大展望台は,1階と2階の2層構造となっており,カフェや売店,神社などがあって,大勢の観光客が入ることができる.休日には階段も解放しており,約600段の階段を利用して上り下りすることも可能となっている.
 特別展望台は,大展望台からさらに100m上(地上からは250m)にある小さな円形の展望台である.オープン当初は展望台ではなく,アンテナ整備などを行うときの作業台として使用されていたものを,1967(昭和42)年に一般公開したもので,なんとなく観光客向けに造られていない施設空間をうかがい知ることができる.特別展望台からの眺望は大変良いので,一度は登ってみたい展望台であるが,11名乗りエレベーターが1機しかない中でピストン輸送をしているので,待ち時間を覚悟して行かなければならない.ねらい目はオープン時間の9時に入場して特別展望台に真っ直ぐ向かうことである.
 入場料は,大展望台まで大人820円,特別展望台まではさらに600円.特別展望台のチケットは,1階では購入することができず,大展望台で購入することになる.営業時間9:00〜22:00.

1階ではノッポンがお出迎え.兄と弟がいる.こちらは兄.

1階のチケット売り場.大展望台までのチケットを販売する.
特別展望台へのチケットは,大展望台で販売している.

1階エレベーターホール
3機の大きなエレベータがあるが,
真ん中のNo.2エレベーターは外側にガラスが付いていないので
外の景色が楽しめないカゴとなっている.
動き出すとライトと音楽の演出があって楽しい.
大展望台の2階に到着する.
 
しかし,特別展望台へは,既に30分待ちとなっている.
大展望台は観覧せずに,早速チケットを購入するため列に並ぶ.
 
大展望台2階にある特別展望台(250m)へのチケット売り場.
 
チケットを購入してエスカレーターと階段を登ってエレベーターホールへ.
何か秘密の空間へ向かうようでワクワクする.

特別展望台へのエレベーターホール
ここでも長い列ができている.
  
エレベーターを待つ間,外の景色を眺めることができる.
特別展望台のエレベーターホール前の映像を見ることができる.

1機のみのエレベーター.定員11名程度.
1往復するのに約4分かかる.

エレベーターの中から.
重りとカゴが中間ですれ違うときに,風による振れを押さえるため,
「ガタン」と大きく衝撃が走る.これも楽しい.
 
特別展望台(250m).円形になっている.眺めは最高.遠くに富士山が見える.


こちらは大展望台(150m)
 
「LOOK DOWN」 大展望台1階には足下を覗ける窓がある.
 
下りはフットタウンのビル屋上(5階)で降ろされる.
 
2階のお土産売り場.
東京タワーの回転式カレンダーの置物を買った思い出がある.
右側は,東京タワー型のペットボトルに入ったミネラルウォーター.

帰りはノッポン弟がお見送り!

このシリーズは更新されていきます。次回をお楽しみに。

東京考察のトップへ