東京考察 Page No.95
Top > 東京エリア > 東京考察 > No.95 Copyright (C) 2002,10 
東京考察 サイト内検索

No.95  復元前の東京駅赤煉瓦駅舎(丸の内口)
The red brick station building of the Tokyo station (Marunouchi side)    

【画像とコラムで紹介する東京案内です】

  

 東京駅の丸の内口は,オランダのアムステルダム中央駅を参考に辰野金吾が設計をしたルネサンス様式の駅舎である.明治41年から6年の歳月をかけて大正3年に開業した.開業当時は3階建ての駅舎であったが,太平洋戦争の空襲で消失(昭和20年5月25日)し,その後の復興で2階建ての駅舎となった。北口と南口にはドーム状の空間が広がっており,1987年からは「とうきょうエキコン」と称して駅コンサートが2000年まで行われていた.ステーションギャラリーやステーションホテルなどを併設する日本を代表する駅舎である.


正面 反対側へは皇居までの直線道路が続いている


正面から真っ直ぐ進むと「皇居」である


ドーム式の広場 かつてはエキコンが開かれていた


ドーム


東京ステーションギャラリーの入口

 
重厚な赤煉瓦駅舎である


このシリーズは更新されていきます。次回をお楽しみに。

東京考察のトップへ