東京考察 Page No.46
Top > 東京エリア > 東京考察 > No.46 Copyright (C) 2001,5
東京考察 サイト内検索

No.46 サンシャインシティー
Sunshine City (redevelopment)

【画像とコラムで紹介する東京案内です】


 サンシャインシティーは、東京拘置所(戦後米軍に接収されて以来「スガモ・プリズン」と呼ばれていた)の足立区小菅移転に伴ってできた跡地を再開発したものであり、昭和53(1978)年に地上60階、240mの日本一(当時)の超高層ビル・サンシャイン60の完成と同時に、サンシャインプリンスホテル・ワールドインポートマート・専門店街アルパ・プラネタリウム&国際水族館などを備えた複合施設である。

 日本一高いビルもさることならが、日本一高いところにある水族館などが目玉となり、日本全国から観光客がやってきて、サンシャインシティーは一躍脚光を浴びる施設となった。この再開発の中には、オフィスをはじめホテル、会議や展示のできるコンベンションセンター、商業娯楽施設などが複合して入っており、日本における最初のミックスドユースの再開発と言っていいだろう。このような再開発手法を日本に浸透させるきっかけを作ったことはもとより、サンシャインシティーは東京の中に位置する「池袋」という街全体の地位向上に大きく貢献した開発である。

 週末になると溢れんばかりの人が、池袋駅東口からサンシャイン60通りへとなだれ込み、そのまま東急ハンズ脇の地下歩道へと吸い込まれていく。日本一高いビルが東京都庁へと変わり、そして現在は横浜のランドマークタワーとなってしまった今、サンシャイン60の話題は以前に比べると少なくなってきているようである(サンシャインへ寄るはとバスツアーも少なくなってしまった)が、ナンジャタウンのオープンや、屋上である61階(スカイデッキ)を開放して最も高い位置の空気を肌で感じることができるようにするなど、イベント盛りだくさんで訪れる人を楽しませてくれる。


専門店街「アルパ」 地下1階から地上3階まで4層構造となっている


噴水広場

 サンシャインシティーに最初に行ったとき、なんと楽しい夢があふれるビルなのだろうと思った。そのひとつが、噴水広場である。地下1階から地上3階までを吹き抜けにして、その下に噴水とステージをつくり、上の階の人からも下のステージを見れるようになっている。初めてこれを見たときは、小学生ながら感動したものである。しかも、音楽に合わせて噴水のパターンが変化するというのも面白い。天井まで突き抜けるような大噴水になると、周りから歓声があがる。

 
天井まで突き抜けるような噴水

 
最上階(3階)では自然の光を取り入れる設計になっており、
この光が吹き抜けを通って地下1階まで届くようになっている。



スカイデッキ(61階屋上) 網が張られている


さすが高い建物だけあって、
屋上には各種アンテナ(携帯電話)が取り付けれれている


 
「似顔絵コーナー」や「記念メダル」 ・・・懐かしい・・・


東京都旅券課池袋分室がある つまりパスポートの引渡し所
隣にはトラベル用品店もある

 
サンシャイン60は、商業施設は下の階のみで、メインはオフィスビルである
オフィス用のエレベーターホール いたってシンプルなデザイン



地下歩道に設置された「動く歩道」
当時としては画期的であったように思う


   
今流行のテナントも入っている


このシリーズは更新されていきます。次回をお楽しみに。

東京考察のトップへ