東京考察 Page No.207
Top > 東京エリア > 東京考察 > No.207 Copyright (C) 2006,11
東京考察 サイト内検索

No.207  ハッピーロード尾山台(世田谷区)
Happy load Oyamadai

【画像とコラムで紹介する東京案内です】


環八側からみた商店街

 二子玉川と自由が丘の街に挟まれて,東急文化の香りが漂うこじんまりとした上品な商店街が「ハッピーロード尾山台」である.尾山台商栄会商店街という名称が組合の正式名称となっている.東急大井町線の尾山台駅から環状八号線にかけて,緩やかな坂が一直線に続く商店街で,平成元(1989)年に現在のような石畳のブロックが敷かれた道路となった.この石畳ブロック,特に車道の石畳は敷設当時はハイヒールの「かかと」が挟まって女性にとっては歩きにくいとの評判が多かった.でも,その後も取り壊されることはなかったので,今では商店街に溶け込んでいる.まるで,ヨーロッパの中世の都市のようだ.
 これと言って特徴があるわけではないが,周辺は芸能人や著名人が多く住む等々力・尾山台の高級な住宅街であることもあり,下町の雑多な商店街というよりは,上品な雰囲気が漂う落ち着いた商店街となっている.落ち着きのあるちょっと高級な,でも生活感のある雰囲気を,まったりと味わいたいのなら一度歩いてみることをお奨めする.隣の等々力駅の近くには「等々力渓谷」などもあるので,その帰りにでも寄ってみるのも良い.自由が丘や二子玉川からも電車で数駅で近い.尾山台駅から商店街を抜け環八を越えてまっすぐ行くと,東急グループ五島育英会の私立東京都市大学(旧武蔵工業大学)があり,さらにまっすぐ行くと多摩川土手となって,川の向こう側は神奈川県川崎市となる.
 ちなみに,商店街の駅を背にして道路右側は「等々力1・2丁目」,道路左側が「尾山台2・3丁目」となっている.午後4時から6時までは歩行者天国となる.

尾山台駅
踏切があって,改札がそれぞれのホームの端にある
いかにも私鉄の小さな駅といった感じである

駅側から見たハッピーロード尾山台
 
歩道

車道はこんな感じ

オシャレな店構えが多い中,
このような昔ながらの豆腐店もある

中華料理「娘娘」
呼び方は「ニャンニャン」
大学の通学路となっているので,ラーメン店も多い

喧噪から離れて,品のある独特な雰囲気である

ナチュラルローソンもある
美容と健康をサポートする品揃えのローソンだとか
自然派志向の商品が並べられている
この店の商品は,全て店内左の机で食べることが出来る

やっぱり,「オーボンヴュータン」は外せない
フランス菓子の店 非常に有名である
ケーキは店内カウンターで食べることもできる
 
というわけでケーキを食べてきた
コーヒーはエスプレッソで,ミルクはついてこない
ケーキにナイフとフォークがついてきた!(右)
とにかく味の融和が素晴らしいケーキである

このシリーズは更新されていきます。次回をお楽しみに。

東京考察のトップへ