東京考察 Page No.203
Top > 東京エリア > 東京考察 > No.203 Copyright (C) 2006,10
東京考察 サイト内検索

No.203  思い出横丁・やきとり横丁(新宿西口)
The remembrance alley and the grilled chicken alley (Shinjuku West)

【画像とコラムで紹介する東京案内です】


思い出横丁入口

 新宿駅西口と青梅街道との間にJR線路際に広がる闇市的な雰囲気の飲食街が「思い出横丁」と「やきとり横丁」である.新宿西口商店街となっており約80店舗で構成されている.新宿ゴールデン街と雰囲気は似ているが,こちらの方はバーやスナック街というよりは,カウンターで定食などの定食とやきとりとビールでちょっと1杯といった感じの店が連なっている.新宿ゴールデン街といい,思い出横丁といい,戦後の新宿マーケットの闇市を彷彿させる雰囲気が十分残っている貴重な空間でもある.
 いまだに再開発されなかったのは,この雰囲気の場所で営業を続けたいという店主の強い思いがあり,なかなかまとまらなかったという経緯がある.しかし,平成11年の火災をきっかけとして,店主たちの意見が賛成へと傾いていき,再開発ビルの準備組合の設立となり,この雰囲気を残した新たな計画が進められている.

狭い路地にはやきとりのにおいが漂っている
定食などを食べられる店もある

食堂では懐かしの味が味わえる
 
なんかビールが飲みたくなってきた!

トイレは共同のようで,
迷路のような路地を歩いてたどり着くことができる
 
やきとり横丁は,思い出横丁の隣りにあって
JR線路に沿って建ち並んでいる.
東口のアルタ前とつなぐ地下歩道ガード下への入口がある.

青梅街道の新大ガード西交差点にある入口
決して入りづらい雰囲気ではない

日が暮れるとこんな感じ

西口から出て青梅街道に歩いていくと
アーケードに案内看板が出ている.

このシリーズは更新されていきます。次回をお楽しみに。

東京考察のトップへ