東京考察 Page No.311
Top > 東京エリア > 東京考察 > No.311 Copyright (C) 2011,3
東京考察 サイト内検索

No.311 向島百花園
Mukoujima flower garden

【画像とコラムで紹介する東京案内です】


向島百花園の入口

 向島百花園は,江戸時代の1830年頃に骨董商を営んでいた佐原鞠塢が,草花鑑賞を中心として開園したものであり,四季百花の乱れ咲く園という意味でつけられたとされている.梅の名所として知られる向島百花園であるが,今では四季を通じて花が咲くようになり,江戸時代から今に残る花園としては唯一のものである.1938(昭和13)年に東京都に寄付され,1978(昭和53)年に国の名勝・史跡に指定されている.面積10,886m2,開園時間9時〜17時(入園は16時30分まで).入園料大人150円.

都立向島百花園

梅が咲き始めている
  
江戸時代の開園当初は,梅360本が植えられていた.

園内には石碑が29基ある.撮影時は修復中だった.

池もある

東京スカイツリーも見える.

お休み処もある

梅洞水(井戸)

このシリーズは更新されていきます。次回をお楽しみに。

東京考察のトップへ