東京考察 Page No.288
Top > 東京エリア > 東京考察 > No.288 Copyright (C) 2009,9
東京考察 サイト内検索

No.288  丸の内ブリックスクエアー
The Marunouchi Brick Square

【画像とコラムで紹介する東京案内です】


丸の内ブリックスクエアー正面入口

 丸の内ブリックスクエアーは,丸の内パークビルディング内に2009(平成21)年9月にオープンした商業エリアである.三菱地所では1998(平成10)年から丸の内一帯の再開発に取り組んでいるが,この第2ステージの第1弾として三菱商事ビル,古河ビル,丸ノ内八重洲ビルの立て替え再開発によってできた.同時に,丸ノ内に最初に出来た赤レンガ造りの「三菱一号館」も美術館として復元され,これらが一体となってオシャレな空間がうまれた.最近の丸の内界隈は,無機質なオフィス街から高級ブティックなどが入るオシャレな商業エリアに変身してきており,東京駅赤煉瓦駅舎の3階部分の復元など,今後も変貌が期待できるエリアである.看板のない丸の内を歩いていると,日本の雑多な街並みとは違った気分を味わえる.
 
オープンから日が浅く,大勢の人で賑わっている丸の内ブリックスクエアー

「一号館広場」は緑で覆われていて,
疲れたらちょっと休憩できる.

英国風の庭園らしく,バラが咲いている.

オープン式のレストラン
 
柱が植生で覆われているのが面白い.
 
室内は,新丸ビルに雰囲気が似ている.
電球色で統一されている.

エレベーターは新しいものであるが,
階数表示がレトロな矢印の表示盤となっている.

地下1階のレストランフロアー
 
復元された「三菱一号館」
背後は丸の内パークビルディング.
丸の内ブリックスクエアーは,この三菱一号館とパークビルディングの間にある.

明治時代後期には三菱が開発した赤煉瓦街が形成されていて,
「一丁倫敦(いっちょうろんどん)」と呼ばれていた.
三菱一号館は,1894年(明治27年)に竣工し,1968(昭和43)年に解体され,現在復元された.

三菱一号館の中には,カフェが入っており,
2010年には美術館がオープンする.

横断歩道を渡ると,三菱東京UFJ銀行(旧三菱銀行)の本店がある.

このシリーズは更新されていきます。次回をお楽しみに。

東京考察のトップへ