東京考察 Page No.259
Top > 東京エリア > 東京考察 > No.259 Copyright (C) 2008,4
東京考察 サイト内検索

No.259  旧岩崎邸庭園(池之端)
The old Iwasaki mansion garden ( Ikenohata )

【画像とコラムで紹介する東京案内です】


岩崎邸庭園入口

 旧岩崎邸は,1896(明治29)年に三菱財閥の創設者である岩崎家本邸として建てられたもので,イギリス人のジョサイア・コンドルによって設計された.近代日本を代表する西洋木造建築で,ジャコビアン様式の装飾が施されており,1999年に重要文化財に指定されている.十年余りの修復作業ののち,2001(平成13)年に開園した公園である.上野駅から不忍池を通って池之端に向かうと,この洋館のある庭園があり,上野のアメ横の雰囲気とはまた違った上野が楽しめて面白い.開園時間9時〜17時まで,入園料大人400円,年末年始以外年中無休.
 
洋館.1896(明治29)年に完成したもの.

エントランス.電球色のほのかな灯りがいい.

大きな鏡がある.

スチーム.古い洋館にはつきもの.
ヨーロッパで古いホテルに泊まるとありそうな感じ.

角のスペースをうまく使っている小便器(男性用)
 
やっぱり電球色はいい.

洋館から和館への廊下

和館の和室

和館ではちょっとした茶菓が食べられる

ビリヤード場(撞球場)
洋館から地下道でつながっているとか.

袖塀にある三階菱
岩崎家の家紋となっている.
現在の三菱マーク(社章)の原形.

このシリーズは更新されていきます。次回をお楽しみに。

東京考察のトップへ