東京考察 Page No.48
Top > 東京エリア > 東京考察 > No.48 Copyright (C) 2001,5
東京考察 サイト内検索

No.48 広尾の昼下がり
Early afternoon at Hiroo

【画像とコラムで紹介する東京案内です】


 広尾・元麻布・南麻布界隈は、近くに各国大使館があることもあって、外国人が多く歩いているエリアである。そして、一度は住んでみたい高級住宅・マンションが建っている場所でもある。外国人居住者向けのスーパー「National(ナショナル)」があり、明治屋があり、神戸屋のパンがあり、となかなかハイセンスで落ち着いた気分を味わえる街である。ここを歩いていると、自分もおしゃれでかっこいい男になれた気分になれるから不思議である。
 そんな広尾にここ数年オープンしているのがオープンカフェである。最近は、広尾に限らずどこの街にもオープンカフェがオープンしているが、フランス・パリのようなオープンカフェが最も似合うのは、ここ広尾界隈だけである。



オープンカフェ


入口の屋根がいかにも「おフランス」っていう感じ


神戸屋のパン 看板がリアルだ


オープンカフェ


これも、オープンカフェ 呼び込みがいる


広尾ガーデンヒルズの高級高層住宅

   


このシリーズは更新されていきます。次回をお楽しみに。

東京考察のトップへ