東京考察 Page No.217
Top > 東京エリア > 東京考察 > No.217 Copyright (C) 2007,3
東京考察 サイト内検索

No.217  江古田駅界隈(練馬区)
Ekoda St. neighborhood

【画像とコラムで紹介する東京案内です】


江古田駅と言えば黄色い西武線

 江古田に住んでいる人は,「江古田っていいところだよ〜」とよく言う.住んでみると居心地のいい何かがあるようである.池袋から西武線で3駅目,都心に近いけれども,下町的な雰囲気の残る地域である.江古田駅周辺には,日本大学の芸術学部,武蔵野音楽大学,武蔵大学などがあり,学生街としても知られている.駅に降り立つと,人とすれ違うのがやっとといった路地裏が広がっていて,そこに商店街が形成されている.昔から営んでいるお店も存在し,その下町的なヒューマンスケールの雰囲気が,住む人々をホッとさせているような気がした.
 ちなみに,江古田駅は「えこだ」と読むが地名としては存在していない.ちょっと南に離れた中野区には江古田と書いて「えごた」と読む地名があるが,この江古田(えこだ)駅からは少し離れている.「えこだ」と「えごた」は,厳密に言うと別の区域のことを指しているが,目白通りの下に走っている地下鉄大江戸線はその南側に広がる中野区の江古田(えごた)に合わせて,新江古田(しんえごた)駅という名称になっている.今回は江古田(えこだ)駅周辺を紹介する.

江古田駅南口 駅前に商店街が広がる

居酒屋,本屋,飲食店などが,路地裏に密集している

大衆割烹.なんかそそられる雰囲気.

昭和33年創業の江古田で一番古い喫茶店
昭和の香りが漂っている

江古田銀座


日大芸術学部や武蔵野音大のある北口
私鉄の小さな駅といった雰囲気が満点

駅北口から日大へ続く日大通り商店街

日大前にある果物屋のシャッター
シャッターのデザインも芸術的?
 
日本大学藝術学部(江古田キャンパス) 昭和14年開校
2010(平成22)年を目指して改築工事を行っている
 
昭和の香りが漂う「江古田コンパ」
ネーミングもいい.カクテルなどが飲めるバーのようである.
 
じいじとばあばが作っているおにぎり屋
暖かい感じのおにぎり屋である
 
「江古田いちば」 生鮮食料品が中心となる市場
アメ横のような雰囲気で,下町情緒満点である.
1915(大正4)年の武蔵野鉄道(現西武鉄道)の駅開業により開設

武蔵野音楽大学 昭和4年開校
敷地内に楽器博物館があるが,平日しか開館していない.

江古田には,小演劇の出来るスタジオや
音楽練習のできるスタジオが多く存在している

一歩それると住宅やアパートが広がる

踏切から見た西武線江古田駅

このシリーズは更新されていきます。次回をお楽しみに。

東京考察のトップへ