東京考察 Page No.11
Top > 東京エリア > 東京考察 > No.11 Copyright (C) 2000,8
東京考察 サイト内検索

No.11 同潤會・江戸川アパート
The DOJUNKAI apartment at Edogawa

【画像とコラムで紹介する東京案内です】


 No.5の東京考察で、同潤会アパートのことを取り上げたところ、反響が多かった。よって、第2段をお送りします。

 


 現存する同潤会アパートは、「三ノ輪」「上野下」「清砂通」「大塚女子」、そして今回紹介する「江戸川」、前述の「青山」のみである。なにしろ、老朽化が激しく、雨漏りはするわ、ガスや水道の配管は腐敗してるわ、電気のアンペアは10A、風呂なし、などという条件が重なって、どのアパートでも建て替えの話が持ち上がっている。2001年11月の江戸東京博物館(両国)では、建築−都市の企画展を計画しているようで、その中で実物大の同潤会アパートの部屋を再現する予定だという。
 江戸川アパートの入口には、上記のような看板が立てられていた。違反すると「110番」。全国から見学する人がやってくるのだろう。というわけで、外観のみの撮影とした。「無断見学の禁止」と書かれていたので、事前に話をすれば見させてくれるのか。特に1号館には、食堂や談話室などの共同施設が残っているので、是非この目で見てみたい気がする。

 そしてついに,ようやく建て替えの話しがまとまり,11階建てのマンションになることが決定した.またひとつ,鉄筋コンクリート住宅の歴史的遺産がなくなることになる.是非,建て替えの前に一般公開していただけないか,切に願うものである.











このシリーズは更新されていきます。次回をお楽しみに。

東京考察のトップへ