小名浜港の点風景 昼下がり 冷凍庫 物流機能 Page 4/4
Top > 福島県エリア > 小名浜港 > 物流機能 Copyright (C)
サイト内検索

小名浜港の物流機能

 アクアマリンふくしま水族館やららみゅうの物産館だけが小名浜港ではない。もっと重要な、本来の機能が小名浜港にはある。それは、工業地帯小名浜の物流を支える機能である。
 石炭などの原材料を荷揚げする埠頭、資材などを運搬するコンテナ埠頭、石油を荷揚げする石油基地、硫酸などの危険物薬品をあげる埠頭、丸太・角材を荷揚げする埠頭など、港湾としての本来の機能も果たしている。


荷揚げされた石炭(粉炭) 7号埠頭


荷揚げされた原材料等はシートで保護する。飛散防止と雨を防ぐため。 3号埠頭


セメントの原料は船からポンプで直接輸送管で圧送されている。 4号埠頭


木材が積まれている。最近は加工材が多くなっている。 藤原埠頭


石油タンク 大剣埠頭


外国船。
オーストラリアからの船が最も多いが、
遠くは南アフリカから1ヶ月かけてやってくる船もある。
藤原埠頭


大剣外貿コンテナ埠頭。たくさんのコンテナが並ぶ。
外貿の定期航路は韓国のみ週3便。
内貿は仙台・小名浜・那珂湊を経て東京港へ週2便
大剣埠頭


2000年9月に導入されたガントリークレーン。 大剣埠頭


※この「小名浜港の点風景」は個人で作成しているものであり、HP作成に関して小名浜港関係機関とは一切関係ありません。

トップページへ