阿武隈川カヌー駅伝大会物語
top
Page 1/5
Top > 福島県エリア > 阿武隈川カヌー大会 Copyright (C) 2007
サイト内検索

第1回 阿武隈川カヌー駅伝大会物語
〜物語〜

TOP その1 その2 その3 その4
 
 福島県中通りを流れる阿武隈川.西白河郡西郷村を源流として白河市・郡山市・福島市と福島県内を縦断し,宮城県の亘理町で太平洋にそそいでいる.「川に親しみ,川との触れ合いを通して自然のすばらしさや大切さを改めて再発見し,阿武隈川の舟運の歴史を偲び巡りながら,上流から下流までの人々の交流の輪を広げる夢を託す」という趣旨で,第1回阿武隈川カヌー駅伝大会が開催された.(主催:阿武隈川サミット実行委員会(事務局:福島市役所))
 スタート地点は福島県福島市のわたり水辺の楽校と呼ばれる河川敷,約5〜12kmごとに設けられた8つの中継地点でタスキをつなぎ,宮城県亘理町の船着場まで74.9kmの区間を2日間に渡ってタイムを競う大会である.全国的にもカヌーの駅伝大会は珍しいという.
 参加チームは各沿川市町村の住民などで構成された16チームあり,我々も「チーム山土(やまど)」というチーム名で参加することになった.(私はサポート隊で車の提供とドライバー,そして取材広報!?(つまりHP作成)という役目を担った)
 無事,ゴールまでたどり着けるのか!物語の始まりです.
撮影日:2007(平成19)年9月29日〜30日開催

次・その1へ
TOP その1 その2 その3 その4



メール  掲示板  アンケート