平成28年度前期自動車アセスメントの評価結果を公表します

国土交通省から,自動ブレーキ(対車両・対歩行者),車線はみ出し警報,バックビューモニターの4つの試験の合計得点 による評価結果が公表された.今回から,対歩行者自動ブレーキの評価も開始され,今回評価した 11 車種の自動ブレーキは歩行者にも対応するものとして, 11 車種全てが予防安全性能の総合評価で最高ランク ASV++(71 点満点中 46 点 超)を獲得した.

しかし,11車種の順位を見るとホンダフリードが最下位!ダメな車なの?と思ってしまいがちであるが,そうではない.これは応募があったメーカーの車両のみ(つまり全ての車を評価したのではなく,自信のある車しかメーカーはエントリーしていない)をテストしたため、11車種と対象車種が少なかったことによる.その中では最下位でも「最高ランク ASV++」を獲得している.