3列目の収納に関して(ミラーからの後方視界など)

フリードの3列目シートの収納は,床下ではなく,折りたたんだ座席を両側に持ち上げて,ひもで引っかけるタイプ.ひもで引っかけるところは,すごく原始的な構造だなと思うところもあるが,ここをがっちりとした構造にすると重量が重くなったり,さらにスペースが必要になったりするのかもしれない.

いすを両側に持ち上げることで(床下に収納しないことで),ラゲッジスペースが減ってしまうと思われるが,確かに空間の容量としては減少するとしても,通常の日常生活でこの両側の上部脇部分まで荷物を詰め込むという場面は,引っ越しをするならともかく,そんなに出くわさないのかなと思う.その分,ラゲッジの床面が低くなっているため,荷物の積み卸しが楽である(まぁ,フリードは床下の収納もないが).

それから,3列目シートを両側にあげることにより,後方の視界が見えづらくなるのではと思われるかもしれないが,2列目のヘッドレストの後ろに収納した座席がくるため,実は,後方視界はほどんど変わらない(ほんの,ほんの少しだけ見えなくなるだけ)のである.

3列目シートを下ろしているときの後方視界

3列目シートを収納している(両脇に上げている)ときの後方視界

車内に取り付けたもの(フロアマット,シートカバー,RVBOX)

まず,フロアマットは納車前に購入した.「FJクラフト」である.

http://item.rakuten.co.jp/auc-fujimoyo-youhin/h-freed-gb5-full-01/

事前に生地のサンプルをもらい,購入したのはスタンダードシリーズのループブラック,青色のステッチ入りである.ループは触った感じはゴワゴワしているが毛先をループにしているので一番耐久性があるようで,足で踏みならすのでふかふか感よりも耐久性を選んだ.掃除もしやすいと書いてある.フロアマットは納車時にディーラーで敷いたのであるが,サイドステップ(ドアのすぐ脇のプラスチックの足をかけるところ)の部分は敷くのをやめた.というのも,プラスチックの部分に両面テープで留めるものであることと,汚れたら雑巾などで拭けると思ったからである.途中で売るつもりもなく最後まで乗りつぶすつもりなので,多少傷がついても構わない.


次に,最初はピチピチのフィットするシートカバーを検討していたのだが,営業マンから取り付けるのがすごく大変で時間がかかる,と言われていた.うちの場合は息子がお菓子などをボリボリ食べて汚すので,簡単に取り外して掃除ができればよく,布を上からパフっとかけるタイプの綿100%の生地を購入することにした.ベルメゾンの「切り替えキルトの撥水カーシートカバー」である.

http://www.bellemaison.jp/ep/srvlt/EPFB00/EPFB0005/dProdDtlShow?BELN_SHOP_KBN=100&KAT_BTGO=C28035_200_2017_A&SHNCRTTKKRO_KBN=E3

フロント(運転席と助手席用)の2枚セットがあるので,1列目と独立シートとなる2列目用として2セット購入(合計で4枚)した.取り付けはすごく簡単で,首の付け根の部分と腰の部分に紐をぐるりと巻いて固定するもので,フロント用はヘッドレストを覆って背後にバックポケットがついている.この上にチャイルドシートを置いているので,お菓子をこぼしても,ジュースをこぼしても,シートが汚れないし,外して洗濯機で洗うことも可能である.表地は綿100%というのもよい.ちょっと難点は,足下側がまくれてしまうことが多々あるのであるが,それはその都度直してあげるしかない.また,助手席の背面には子供のキック汚れ防止のためさらに黒いカバーをつけている.


そして次,フリードには床下収納がない.スコップやバッテリー用のブースターケーブル,三角板などをしまうところがない.その分,車内空間が広くなっているということなのかもしれないが,いろいろとネットを調べていると,フリードには,「アイリスオーヤマのRVBOX(スリム900)」がちょうどよくラゲッジに収まるとのコメントが多く見られた.

http://www.irisplaza.co.jp/Index.asp?KB=SHOSAI&SID=H209960F

幅約90×奥行約24.5×高さ約30なので,3列目を使用していてもちょうど収まる大きさで,近くのホームセンターなどに足を運んでみたが,このスリムタイプの在庫はどこもなかった(アイリスオーヤマに問い合わせたら,ダイユーエイトやケイヨーデーツー,オートバックス,イエローハットには当社商品を卸しているとのことであったが,スリムタイプはなかった)ので,ネットで購入した.

ついに納車!

ついに納車となった!! 予定通り3月11日,待ちに待ったこの日がやってきたのである.ディーラーに到着すると営業マンがお出迎えしてくれ,水色のフリードが止められていた!

まずは,ある程度まとめておいた荷物をフリードに移し替えたのであるが,フロアマットは純正品ではなく,インターネットで「FJクラフト」のマットを既に購入していて,それも持参したところ,営業マンが純正品でもないのにすぐに敷いてくれてとても助かった.

そして,店内にて自動車保険の契約を行ってから,実車にて説明が行われた.スライドドアの開閉方法,スマートキーの使い方,ガソリン給油口の扱い(キャップに落下防止用のひもがついていて,さらに給油口が開いているとスライドドアは自動では開かないようになっている),エンジンのかけ方,オーディオ・バックモニターの使い方,シートの調整,3列目シートのたたみ方,ハンドルの調整,ここまではある程度,ほかの自動車とそれほど大きな違いがあるわけでもなく「ふむ,ふむ」と理解できた.

次に,運転席まわりのスイッチ類の説明になったが,新型フリードはやたらとスイッチが多い.ハンドルには右と左の表側のみならず,下の裏側にも左右両方にスイッチがある.右奥や左奥,ドアの脇にもあって,スイッチがいっぱいある飛行機のコックピットみたいな感じである.こういうメカニック的なものが苦手な人はちょっと苦労するかもしれない.

最後に「ホンダセンシング」の説明に.ホンダセンシングもこれらずらずら並んでいるスイッチを押すことによってオン・オフになるのであるが,時速○○キロ以上だと○○は作動し,MAINスイッチを押してから希望のスピードでSETボタンを押して・・・などといった説明は,実際に動かしながらではないと覚えきれないと思った(スイッチを使わなくても車は動くので今すぐ触らなくても運転には支障がない).営業マンもいきなりでは覚えきれないでしょうから,実際に走って操作をしてみてわからないときはいつでも連絡をくださいと話していた.また、人間の操作が一番優先するように作られているので,自分の意思に反して車が勝手に逸脱することはないので心配はないとの説明も.納車の前にはカタログやホームページなどでホンダセンシングの8つの機能を事前に予習していった方が理解が早く進むように思う(追々やってみたらアップします!).

ここまでで約1時間30分が経過し,整備を担当する工場長がやってきて「しっかりと整備をさせていただきますのでよろしくお願いします」と挨拶をいただいて(定期点検パックに入っているからだと思う),最後に花束をもらってからフリードと記念撮影をした.フレーム付きの印刷された写真までもらい無事納車が終了したのであった.

走りも軽快で,視界もよく,なかなかいよい感じである.

ちょっと気になったのは,停車しているときにはアイドリングストップによってエンジンが止まるのであるが,右折時に交差点の最前列で停車中に,対向車の切れ目のタイミングが短くてアクセルを急に踏み込んで右折しようとすると,エンジンがかかる動作が入るため,ちょっともたつくことがある.アイドリングストップは先ほどの多数並んでいるスイッチの一つで「オフ」にすることができるので,交通量の多い街中を走るときに気になる場合は切っていてもいいかもしれない.慣れてくるとそろそろ右折できそうだなと思ったときに,ブレーキを緩めてエンジンを事前にかけて,タイミングよく右折するという技が身についてくると思う.

神社にいってお祓いを受け,カー用品店でいろいろと買い物をしているうちに夕方となってしまった.車内の整理整頓は明日にすることにした.