会津考察 Page No.26
Top > 福島県エリア > 会津考察 > No.26 Copyright (C) 2009,9
サイト内検索

No.26 満田屋(味噌田楽)
Mitsutaya (Miso Dengaku)

【画像とコラムで紹介する会津案内です】


満田屋(田楽・味噌)

 満田屋は1834(天保5)年に,味噌の製造と販売を始めたのが始まりで,店内の囲炉裏で焼いた味噌田楽を食べることができる.そもそも「田楽」とは,田植えなどの農耕の儀礼として笛や鼓などによって舞った日本芸能(能楽より古い)のことであるが,そのときの白装束の踊りが串形豆腐の形に似ていることから,豆腐を竹串に刺して味噌をつけて火であぶったものが「田楽焼き」となっているという(満田屋ホームページより).食事の営業時間は10時から17時まで.
 
奥にある食事処

囲炉裏で田楽を焼く

こんにゃく

カウンターでも食べられる

味噌なども含めお土産を購入できる
【公共交通案内】 
●会津若松駅から 周遊バス「ハイカラさん」 大和町下車 徒歩3分
●JR只見線・会津鉄道 七日町駅から徒歩10分

このシリーズは更新されていきます。次回をお楽しみに。

会津考察のトップへ